ホームステイ先などで海外で作って喜ばれた日本の料理

ホームステイのお礼や海外で日本食を作ってもてなす機会があったら何を作りますか?現地で調達できる材料で実際に作って好評だったメニューをご紹介します。

あらかじめ日本から持って行ったもの

カレールー、巻きす、お好み焼きソース、かつおだし、みりん

現地でも手に入りやすい日本の調味料

醤油は普通に地元のスーパーでも調味料として並んでいます。日本食=ヘルシーというイメージがあるので、ナチュラル志向の自然食品店で海苔、日本米、巻きすなどの寿司グッズも売られていることが多いです。

どんな料理が好まれるか、または不評か

お好み焼きやタコ焼きソースなどの

味の濃いものやカレーなど味のはっきりしたもの好まれます。

不評なのは甘く炊いた豆、あんこなど、豆に砂糖を使ったメニューは好まれませんでした、逆に私もお米を牛乳、砂糖、シナモンで炊いたお米のスイーツは苦手でしたから、やはりどうしても

その国々の慣れ親しんだ食文化によって受け入れられない味はあります。

※ご飯を使う料理は炊飯器がないので、がんばって鍋もしくはフライパンで炊きましょう、透明な蓋だと経過が分かって炊きやすいです。

好評だった日本食

カレー

1番喜ばれた人気メニューです

また作って!とリクエストもありました。ルーだけ日本から持って行って、じゃがいも、人参、玉ねぎ、肉は現地調達、市販のルーにトマト缶、すりおろしニンニク、しょうがでコクを出すと味に深みが出ます。

酢豚

日本食というより、日本でよく食べられている中華料理ですが、甘酸っぱい濃い味付けが好評でしたよ。味付けは、しょうゆ、ケチャップ、砂糖、酢の合わせ調味料を用意しましょう。片栗粉がなけれコーンスターチでとろみがつきます、肉は小麦粉またはコーンスターチで衣をつけて、揚げ焼きにして、下茹でした人参とピーマン、玉ねぎと一緒に炒めましょう。

肉じゃが

お肉、じゃがいも、玉ねぎ、人参は現地で売られてますね、調味料、しょうゆ、砂糖、出汁がない場合はコンソメ+おろしにんにく、しょうがでコクを出しましょう。注意したいのは

砂糖の入れすぎで甘くならないこと

外国でお菓子以外で料理の調味料として砂糖を使うことは少ないですからね。肉は牛、豚、鶏となんで美味しくできます、ただ日本のような薄切り肉は売ってないことが多いので、肉の塊を薄く切るのに苦労しました。

コロッケ 

ジャガイモ、ひき肉、パン粉、小麦粉、卵、揚げ油さえあれば出来ちゃいますね、ライスコロッケや中にチーズを入れてもボリュームが出て美味しいですね。

巻き寿司

巻きす、海苔は持参、ほとんどの国のスーパー、または自然食品のお店で売っていますが、高いので日本から持っていく方がベストです。
すし酢は、塩、砂糖、酢でオッケー、具はツナ缶、キューリ、卵焼き、アボカドなど、ゴマもあると美味しいです。

人気の巻き寿司の具
  • カニカマ
  • アボカド
  • ツナ缶
  • クリームチーズ
  • キューリ
  • 卵焼き
  • 肉を炒めたもの
  • サーモン
  • ウインナー

海苔は紙のようだと苦手な人も多い

のですが、メキシコでは、裏巻きにして、卵、パン粉をつけて焼いた、フライ巻き寿司が海苔が主張せずに好評でした。

※裏巻きとは…海苔が内側で酢飯を外側に巻きます。「sushi rolls」とも呼ばれ、主に生の魚介類や海苔に馴染みのない国の人向けにカリフォルニアロールを作る際に用いられる方法です。

出し巻き卵

 巻きずしの具として作った出し巻き卵に絶賛されました、作る工程から興味津々でした、フライパンに卵を薄く流して巻く作業を繰り返し、段々と大きくなっていく様子が面白いようです。

おにぎり

握るだけの、日本では当たり前すぎて料理の一品になるの?と思えるおにぎりでも海外の人にとっては新鮮で喜ばれる、海苔は持参、具はツナ缶、シャケ、肉の焼いたのなどなんでもオッケー、おにぎらずにしても華やかでパーティーなどにいいですね。

お好み焼き

味の濃いお好み焼きソースは海外の人に好まれるので持参していきましょう。
小麦粉、卵、キャベツ、肉、シーフードなどは現地調達し、出汁はコンソメでも代用できます。

まとめ

完璧に再現を目指すより、現地で調達できるものでオッケーです、大切なのはおもてなしの心と、作る過程や、その料理そのものが外国の人にとっては斬新で新鮮に映ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする