お手軽チミチャンガの作り方

チミチャンガというメキシカンフードご存知ですか?

「トルティーヤ」に「ケサディーヤ」など、覚えにくい名前の上に、名前だけでは想像できないメキシカンフードも多いですが、

この「チミチャンガ」も名前からはどんな料理か全く想像つかないですよね、
でも、この一見マニアックなチミチャンガ、ある映画の影響で人気なようです。

チミチャンガとは?

チミチャンガは主にメキシコ北部とテキサス州で食べられている料理で、

ブリト―を油で揚げたものです。

ブリト―もそうですが、メキシコ北部で食べられている料理はアメリカでボリュームアップしてテックスメックスとして確立している料理が多いような気がします。

ブリト―に関する記事はこちらです

        ブリトーとは、 小麦粉のトルティーヤで具をぐるっと巻いて包んだものです。 メキシコが発祥の地でテクス...

その映画とは?映画や本を見て食べたくなるもの

  

2016年に公開された「デッド プール」という大変人気のあるアメリカンコミックの映画です。

主人公が愛してやまない食べ物が、このチミチャンガのようです。

そして、この映画を愛するファンの方々がチミチャンガを支持しているというわけですね。

デッド プールのコスプレをした人

ドラマや、映画、本の中に出てくる食べ物に興味が出て食べたくなる気持ちってとってもわかります、特に活字で表現される食べ物からは想像を掻き立てられます。

お客様でも、おさるのジョージの中に出てきたブリト―というものが食べたい、とか、メキシコ横断紀行の本の中に出てきたブリト―ははたしてどういうものなのか?とご来店される方もいらっしゃいます。
私も小学生の頃に読んだ漫画の中に出てきた「ポプリ」に憧れたことがありました(食べ物ではないですが)

チミチャンガを作ってみました

ブリト―用フラワートルティーヤは、コストコやネットで購入することが出来ます、自分で大きなトルティーヤを作るのは大変ですよね。

10インチ(直径25㎝)のフラワートルティーヤに具を乗せます。

テックスメックスのブリト―の具はミート、お豆、お米、サワークリーム、アボカドなどですが、

今回はお気軽に、チキンソテー、野菜ソテー、ピザ用チーズ、半熟スクランブルエッグ、を入れてみました、

チキンソテーをのせます。シンプルに塩味でもいいですし、クミンパウダーやパプリカパウダーを加えると、ぐっとメキシカンな味になります。

パプリカ、玉ねぎ、コーンのソテーをのせます。

ピザ用チーズをのせます。

半熟スクランブルエッグをのせます。

両端を折りぐるっと巻きます。

中身が出ないように3か所つまようじで固定します。

180度に温めた油で焼き色がつくまで揚げます。
トルティーヤを揚げる調理法はから揚げや、コロッケなどの揚げ物よりもとても簡単で、焼き色が付けばオッケーです。

実食してみました

これは

間違いなく美味しいです。

揚げることによってトルティーヤの美味しさが増して、ブリト―とはまた違った味が味わえます。

そして間違いなく高カロリーですね、

チミチャンガ1個(180g)のカロリーは443キロカロリーだそうです。

ここは割り切って美味しくいただきましょう、
サラダと一緒に食べるのがベストですね。

この揚げたチミチャンガの上からソースやチーズをかけてオーブントースターなどで焼くパターンもあるようで、チャレンジしてみたいです。

まとめ

ブリト―を揚げるチミチャンガは思った通り美味しかったです!

ただでさえ食べ応えのあるブリト―を油で揚げることによってよりボリュームが増すので、シェアして食べるのもいいですね。

メキシコ料理店やディズニーシーのレストランでも食べることができるようです、
アミーゴタコスでもぜひメニューにしてみたい一品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする