辛党の人必見!やみつきになる美味しさ、メキシコの辛いソースの作り方。

辛いのが大好きだけど、辛さをプラスするいい調味料がない、何か物足りなさを感じているそこのあなた!

そんな辛党のあなたを満足させる、万能なメキシコの辛いソース(サルサソース)が簡単に作れちゃいますよ!

手作りなので安心素材、無添加で何にでも合います。

サルサソースとは

料理に使われる液体の調味料のことを総称して、サルサソースと言います。

日本でおなじみの辛いサルサソース

【デスソース】…オリジナルは完熟赤ハバネロとカイエンペッパーを使用し、隠し味にライム      果汁を加えたソース。他に激辛からスイートソースまでバリエーションがたくさんあります。

【タバスコ】…日本で最もよく食べられるホットソース、タバスコペッパー、岩塩、ビネ ガー(穀物酢)を発酵したのち熟成させるので酸味が際立ちます。

サルサ ロホのレシピ

 ここでは、お店でお出しすると辛いもの好きな方には必ず大絶賛される「サルサ ロホ(赤いソース)の作り方を特別に公開しちゃいます。

★材料

赤唐辛子(鷹の爪)200g
玉ねぎ  1個
ニンニク 3片
トマト 1個
ローレル 1枚
水 4カップ
酢 1/4カップ
塩 小さじ1

★作り方

①赤唐辛子はビニール手袋をして扱ってください、間違ってもその手で目をこすらないこと

キッチンばさみで端を切って種を出す、多少残っても大丈夫です。

②鍋に水を入れ、①の赤唐辛子、半分に切った玉ねぎ、トマトまるごと、にんにく、酢、ローレルを入れて火にかける。

③25分ほど煮詰めて(途中、水分がなくなってきたら足してください)火を止めて冷まします。

④ミキサーでピューレ状にして出来上がり。

大量の唐辛子の辛い匂いの湯気で部屋が充満するので喚起してください、小さいお子様は入らないようにしてください。

冷蔵庫で10日間保存可能です。

メキシコ料理だけでなく、何にでもあう万能ソースです。

メキシコ人はタコスの上にこのソースをたっぷりかけて食べますが、

メキシコ料理以外にもいろんな料理に合います。

●クラッカーにつけておつまみに。

●焼いたお肉や豚カツにのせて。

●ミートソースに入れればチリコンカン風になります。

●カレーや麻婆豆腐の辛さ増しに。

●インスタントラーメンにかけて、レモンやパクチーもあるとエスニックな味になります。

まとめ

サルサ ロホのいいところは、味が主張しすぎずにどんな料理にも合うこと、辛さの中にも美味しさがあるところです。

簡単に出来ちゃうので、ぜひ作ってみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする